木部のお手入方法

長持ちの秘訣

●設置する場所に気をつけましよう

急激な温度の変化や、高低度の著しい場所(例‐10℃ 以下)、直接高熱の伝わる暖房器具などの近く、ま た、直射日光の当たるところなどには置かないでく ださい。木材の接着ハガレ、干ワレの発生、色あせ、 黄変の原因となります.

●塗装面を汚した場合の処理のしかた

目立つ汚れが塗装面につきはじめたら、石鹸水をし みこませて固くしぼった布で、汚れが落ちるまで拭 き取ります。その後で丁寧にワックス掛けをします。その場合、シンナ−類の使用は絶対に避けて下 さい.

●塗装面の手入れ方法

塗装面のホコリは、柔らかい布か ガ―ゼ、又はピアノ用のハタキなどで軽く払ってく ださい。 硬い布、砂ボコリのついた布、濡れた雑巾、有機溶剤(シンナー)を含んだ布などでは拭かないでください.細かい傷などの原因となったり、逆効果となることがあります。普段は柔らかい布で、からぶきずる程度にし、ワッ クスをっける場合は柔らかい布に指定のワックス を薄くつけて、ムラにならないように一面ごとに丁 寧に塗って、ワックスが残ってべトつかないよう、 乾いた柔らかい布で、きれいに拭き取って下さい。 まだ、角は、下地が出易いため、こすり過ぎないよう注意が必要です。

Next     Back