CT研究室 & デジタル画像研究室

2007.03.22一部更新
---- japanese only ----




金沢大学 市川研究室 のHPがスタートしました.2014.05

 このページは、CTやDRの技術的研究に関することと、私個人に関することのページです。徐々に、内容を充実させていきます。予定としてはCTの原理や特性解析、3D-CTの簡単なアルゴリズム解説、DRの解析等を主に公開していきます。
 また、CT画像特性の測定プログラムや学会関連のデータなどのダウンロードもできるようにしたいと考えています。



CTに関するページ  −CT画像評価プログラムをVisualBasic6.0版に変更!2006.11.10

ctpsf(CTのスライス面MTF計算)のVersion1.3をアップしました。2007.03.22

サテライトミーティング(大阪)でのCTのMTFとWSの内容をUPしました。satelite2006.ppt

矩形波チャートフーリエ変換によるプリサンプリングMTF測定(新規作成:データ)

ディジタルカメラを用いたディスプレイの画質測定法及び管理(2007.2.7更新)
ディスプレイ関係の学術誌JSIDに論文が掲載されました。

CR等、デジタル画像に関するページ(更新:資料掲載)

私個人に関するページ(2006.11.10更新)

GPSのページ

RSNA2004−シカゴ





2006.9.16 第4回サテライトミーティング「CTにおけるMTFとWS,そしてその測定法」
satelite2006.ppt
2005.10.15 岡山マルチスライスCTセミナー「誰でもわかるCT画像の評価 」
ページにジャンプ
2005.8.27 千葉県CT研究会「CT画像における分解能測定とその評価」

2005.10.14 徳島CT研究会「臨床画像に密接に関わる画質特性と撮影パラメータ」
ページにジャンプ

2005.7.30 中部部会 画像研究会「乳房画像におけるディジタルの有用性」
ページにジャンプ


2005.4.9 2005日本放射線技術学会総会 技術活用セミナー「わかりやすいマルチスライスCTにおける画像再構成」
ページにジャンプ
マルチCT展開図描画プログラム
列数とピッチを指定して展開図を描きます.データの密度を容易に調べることができ、最適ピッチの決定に非常に役に立ちます.TCOTでもデータ密度が結局画質に反映しますからこのプログラムが有効です.プログラムの実行にはVisualBasic6.0のランタイムが必要です.


2005.1.30 日本放射線技術学会中国・四国部会セミナー「「16列MDCT による心臓CT の撮影技術」
ページにジャンプ


2003.12.6 CTテクノロジーセミナー フレッシャーズコース「CT画像のノイズ特性」原稿
ページにジャンプ


CTテクノロジーセミナー(福山冬季セミナー)(2001.12.1)講演原稿
ページにジャンプ

奈良県MCカンファレンス(2001.11.17)講演原稿
ページにジャンプ

北海道ヘリカルCT研究会関連


北信ヘリカルCT勉強会関連

kokkasikenCT


メールは以下にお願いします。
ichikawa@mhs.mp.kanazawa-u.ac.jp













コンピュータ断層撮影装置(CT)
CTのコンピュータ
レントゲン撮影装置
レントゲン装置の画像処理コンピュータ
レントゲン装置の画像処理コンピュータ2